+86-757-86360156
環境保護技術の革新を賦与し、中日両国の共同発展を促進する。

リリースタイム:2019.08.05     ブラウズ:272

2019年7月25日午前、中日の省エネと環境保護と製造企業のドッキングを促進するため、双方の経済貿易協力と技術交流を拡大して新しい動力を注入し、佛山市生態環境局南海分局が主催し、国家環境サービス業華南集積区、佛山早稲田科学技術サービス有限公司が引き受ける「2019年中日製造業企業」業環境保護事務交流会は南シナ海で開催されます。




省エネと環境保護が盛んに発展し、政府の配慮と助力が欠かせない。佛山市南海区政府は国内外の交流を強化し、相互信頼を増進し、協力の新たな分野を共同で開拓することに力を尽くしています。南海区の陳紹文副区長は、環境保護サービス企業と製造企業とのドッキングをさらに強化し、常態化した中日技術交流協力プラットフォームを構築し、長期的に効果的なハイレベル協力メカニズムを構築し、中日技術交流協力により、より強力な支持を提供すると述べました。




省エネ・環境保護の分野では、中日両国の産業間の相互交流が日増しに頻繁になり、優勢は相補的で、互恵共栄し、新たな経済貿易協力の成長点を育成しており、持続可能な発展の後の力を強めています。日本側は、中日経済の発展の現段階はもっと品質を重視して、高品質の総量も絶えず進歩して、新しい時代のみんなの共通の追求ですと表しています。ビジネスをベースにした協力や協議を通じて、国が直面する経済や社会課題を解決し、改善することで、お互いの協力関係を深めることができます。




中日双方は環境保護省エネ分野で効果的な協力を維持するため、両国の法律法規に適合する範囲で協力覚書を制定する。会議では、広東省科学技術庁と日本経済産業省が環境保護省エネ分野の協力覚書を交換し、双方の企業、大学、研究院などの機関間の技術と情報交流を深め、新たな科学技術とビジネス協力の機会を創造する。




革新力を注いで、国際要素をリンクして、サービスプラットフォームを構築します。私達は一緒に手を取り合って、一緒に走って、共に勝ち、変わらない初心と赤誠を使って、共に力を合わせて南海に革新のハイエンドの集積区を作り上げることを助けて、南海の製造業を加速しています。