+86-757-86360156
200近くの日系企業が来ました。南海は新晋の環境保護の革新の高地になります!

リリースタイム:2019.08.05     ブラウズ:104

2019年7月24日、佛山市南海区人民政府が主催し、佛山市南海区経済促進局と佛山市生態環境局南海分局が主催し、日本貿易振興機構(JETRO)広州代表処、工場網情報科学技術(上海)有限公司と佛山早稲田科学技術サービス有限公司などの部門が協力した「20」19知能製造と省エネ・環境保護産業推進会議及び中日企業ドッキング会は佛山南海で開催されます。200社の日本及び華東地区からの日系企業が南シナ海に集まってドッキングを行い、金属製品、自動車船舶製品など世界的に有名な企業をカバーしています。




広東省商務庁の陳越華副庁長は、広東と日本の両地の企業は知能製造と省エネルギー環境における交流と協力を持続的に深め、製造業の世界潮流に順応しただけでなく、広東製造業の発展を促進するためにも有益なことだと述べました。彼は今回のドッキングを通じて、より多くの日本企業が広東に投資し、発展し、南シナ海企業とともに広東港澳大湾区の発展機会と成果を共有できることを期待しています。




南海区の顧耀輝区長は、インテリジェント化、グリーン化は世界の製造業の重要な発展傾向であり、南海区が製造業のモデルチェンジとアップグレードを推進する主な攻撃方向でもあると述べました。日本は知能製造、省エネ、環境保護の分野で先進的な技術と十分な産業実力を持っています。必ず南シナ海で最適な「土壌」を見つけます。




日系企業の定住のために良好な条件を創造する。

今年は南海区で4年連続で中日企業ドッキング会が開催されました。華南地区の日本向け製造業最大規模の商談会として、日本や華東、華南などから200近い日系企業が産業のドッキングを求めています。
南シナ海はすでに日系企業の最も人気のある投資エリアの一つとなり、現在は日系企業110社が集まっており、総投資額は50億ドルを超えている。南シナ海は日系企業が集中する重要な地域であり、自動車部品、新材料を主とする産業群を形成している。清水顕司によると、広東港澳大湾区の建設に伴い、南シナ海と日本企業の関係がより緊密になることを期待している。




中日企業は相補的な南シナ海の知能製造を加速させ、転換とアップグレードを加速させる。

「南シナ海を選んだのは、南シナ海の独特な地理的優位、豊かな産業基盤、整った産業セット、効率的な政府サービスを重視した一方で、すでに定着した日本企業が南シナ海で良好な発展を遂げているのを見たからです。」日本企業連合と(佛山)自動車部品有限会社田村富男氏は言う。
日本企業が南シナ海に進出するにつれて数量の上で増加し、業界は拡大し続け、南シナ海企業と日本企業のドッキング業はだんだん密接になってきました。南シナ海企業の知能製造の転換とアップグレードの需要が強く、2016-2018年南海区の高給技術企業の総量は534社から1513社まで伸び、3年連続で佛山全市のトップとなりました。2018年南海で技術改造に参加した企業は400社を超えました。その中、知能化技術改革モデル企業は19社、技術改革届出プロジェクトは500近くあります。数年連続で佛山で5区のトップにランクされ、工業技術改革投資額は205億元に達した。