+86-757-86360156
活動热讯| 2019南海区製造企業のエコ技術やサービス交流円満で

リリースタイム:2019.11.28     ブラウズ:560

革新駆動、環境保護風口、南海先行。南海区制造企業にもっとよくサービスするために、企業が生産経営過程で直面する環境法律法規、清潔生産と汚染管理問題を解決し、2019年11月22日、2019南海区制造企業の環境保護技術とサービス交流会を円満に開催する。

同イベントは南海区ライオン鎮建設101ビルの会議室で、国家環境サービス華南集め区主催、佛山早稲田技術サービス有限会社の主催で、仏山市環境保護庁南海支局を得た、ライオン鎮経済局の促進、ライオン鎮エコ班など関連省庁の大々的な指導と支持、百人あまりの企業関係者が出席した今回の会議では、集めて一堂に会し、交流、それらの業種の革新と知恵。




交流会の参加企業は85社121人。制造企業は60社(日系制造企業15社、地元制造企業45社)。また、環境管理、環境保護コンサルティング、環境モニタリング及び科学研究院などの部門の代表が会議に参加した。会議は早稲田科学技術の林慈生博士の司会で、林博士は今回の会議の目的と準備状況を説明し、そして参加者と専門家を紹介した。




その後、ライオンの山のエコ班袁立继副主任は演説で強調したエコエコ執行はますます法規と厳格化し、企業は法律に則っ罚则、排出量の仕事をやる必要は持続的にできて日常環境管理や環境施設の安定した運営は、多くの企業の関係者および環境管理者にとっては容易ではない、大きな圧力があります。元主任は「よりよいサービス会社のために、助けて企業経営生産過程で出会った環境問題を解決し、今回の会議で招待した人がみんな解読エコ、経験豊かな専門家を清浄生産の重要政策や分かち合いの実際の事例や経験、参加を希望する企業の代表たちはまじめに勉強し、今回のせっかくの機会を利用して、環境にやさしい政策、法規への理解を強化し、助力省エネルギー環境にやさしい、資源節約型企業」を構築した。





特集1

国家排出許可証制度とサービス


会議の第一部は国家汚染許可証制度とサービスというテーマをめぐって展開し、環境管理技師の何暁君は講演で、汚染許可制の発展歴史を全面的に整理し、そして近年の関連政策と制度改革の重点について詳しく説明した。何工は長年の環境管理経験があり、多くの企業に国家汚染排出許可証の申請、清潔生産審査、環境保護管理などのサービスを提供し、豊富な環境管理経験がある。彼女は会議で、国家排出許可証の適用範囲、国家証のメリットと注意事項、申請の流れ、よくある疑問点の難点などについて詳しく解説した。現場では参加者全員が受講と真剣なメモに神経を集中させていた。



次に、環境保護技術者の曽楚雯氏が企業に重点業種の国家排出許可証の実際の操作経験と実例を共有する。仕事は国家排出許可証補導員、広東省クリーン生産審査士、多数の世界の500強の環境保護管理家であり、数千件の環境保護コンサルティングサービス方案を司会完成し、百家企業の申告難題を解決し、多数の外資系企業の環境保護顧問を委嘱した。豊富な環境管理の経験がある。曽工は典型的なケースを通じて、国家の証明の申請と申請後のメンテナンスについて詳しく説明し、各種のケースの分析を通じて、参加者は国家の証明を申請する過程でどのような問題に直面するかもしれなく、出会った問題に対してどのように解決すべきかを更に理解しやすくなった。




特集2

クリーン生産技術と環境保護サービス


会議の第二特別テーマは国家清潔生産の高級審査員の徐建国と省エネルギー分野の専門家の楊志文高級エンジニアが主に講義する。徐建国氏は節水型企業をどのように育成するのか。徐工は国家の清潔生産の高級審査士であり、清潔生産の審査、省エネルギー、節水、環境緊急計画案の審査の専門家であり、多くの国家、地方の標準制定の仕事に参与している。徐工は国家、地方の節水法規と技術標準を全面的に整理し、節水の仕事の意義について詳しく解説し、同時に生き生きとした実例を通じて節水型企業の要求と流れについて解説した。



楊志文技師は実践を通じて成功した新しいモード:企業のワン・ストップ・省エネとエネルギー供給プロジェクトのホスト・モードはすばらしい講演を展開した。水利工事、省エネルギー分野の専門家であり、かつて水務局の指導者を務めたこともあり、その後、多数の環境保護・省エネルギーサービス企業を創立し、多くの環境保護・公益機関の仕事に参与した。楊工は企業の省エネ改造の痛点を詳しく整理し、各痛点の解決方法について詳しく解説し、実際の成功例を通じて、企業がどのように新エネルギー、新技術を利用し、グリーン金融の新モードと結合して省エネ環境保護型、資源節約型企業を構築するかを分析した。




テーマ3

最近の政策と総合的な利用事例を共有する


固危険廃棄処分専門家馮智星従危険廃棄の定義、法律法規及び国家政策の解読、危険廃棄物の規範化管理及び判例の共有4つの各部が企業に分かれて,産業廃棄処分処分の最新政策と総合的利用事例について解説した。馮工は環境保護、農村生態環境管理及び資源循環利用などの分野で20年余りの従事経験を持ち、30余りの発明、実用新型、外観設計特許を開発し、社会に良好な経済効果と生態効果を創造した。北京国環清華環境工程設計研究院水二所で副所長、高級エンジニアを務めた。同時に中華環境保護連合会環境汚染第三者管理連盟董事長補佐を兼任し、危険廃棄処分処分分野において豊富な実操経験と広大な資源を持っている。




テーマ4

産業浮揚策とサービス紹介


龔麗高級顧問は国家レベル、広東省、仏山市から南海区までの異なる輸出の産業育成策と関連サービスを全面的に整理した。コン氏はベテランの政策諮問师、计画は500社以上の企業が提供した種目のレイアウト、革新体系の建設計画の申告の仕事、その営を100おく万ウォン以上の大型の中堅企業100社以上、種目約60种类の申告を主導し、年間を申し込んだ企業补贴额3おく元以上、戸の政策を樹立した計画の申告基準の手続きと基準をテンプレート。




テーマ5

現場での質問と交流


講演が終わった後、企業の参加者と専門家は企業の実際問題について深く交流した。複数の企業の代表らは、今回の会議を通じて価値のある情報を多く得て、実用的な知識を多く学んだという。特に企業の代表は自分の職場で遭遇した危険な廃棄処分の処置について具体的な問題を提出し、専門家と交流した。一部の企業は政府のテコ入れ政策に興味を示しており、今後このテーマについてさらに詳しく深く勉強していきたい。艾傑旭自働車玻璃(仏山)有限公司などの復数の日系企業は水処理、清潔生産及び危険廃棄処分処分などの方面について専門家と深く交流している。




今回の活動を強化した企業のエコ法規の認識と政策に対する理解、メーカーの増強し、法律に則って罚则排出量と環境管理の自信、経営生産過程で直面の企業の解決のための環境法律、清浄生産と污染一専门性を提供した問題を、服务面広、実用性の強いサービスプラットフォーム。今回の会議の交流と相互作用は製造企業の管理人員と国家環境サービス業の華南集合区及び業界の専門家の間の距離を更に縮め、南海区の製造企業がより迅速かつ便利に専門的な情報とサービスを獲得できるように促進した。